年末年始のご案内

メリークリスマス。今年も残りわずかとなりました。本日は、年末年始のご案内をさせて頂きたくブログを書きました。と、その前に、ご覧ください。
001
クリスマスローズが花を咲かせました。さすが、名前通りにクリスマスにタイミングよく咲いてくれましたね。
002
続いては、だいだいです。橙と書きます。実をつけました。これを我が家では、搾ってポン酢にしています。おいしいです。

年末年始のご案内です。12月30日水曜日から1月1日金曜日までお休みを頂いて、1月2日土曜日から営業となります。よろしくお願いします。それではみなさん、よいお年を。

山の恵み達

こんにちは。寒くなってきました。冬に入りましたね。気づけば、もうすぐ一年が終わろうとしています。早いものです。

002
こちらは、苺。山から採ってきた苺です。山は恵みで溢れています。その恵みが、ジャルーンに飾られています。自然に感謝です。ありがとう!自然!

001
続いては、ユーカリの葉で作ったリースです。柱に飾られて華やかです。ユーカリ。コアラの好物。あっ、店内、コアラは厳しいかと思われますので、よろしくお願いします。
003
そして、トンボが迷い込んできました。これは、お客様から頂いた竹細工です。完成度高いです。ジャルーンの雰囲気と調和しています。ありがとうございます。

それでは、ジャルーンにてお待ちしています。

花鳥風月

こんばんは。秋も深まってまいりました。

そんな秋に、実をつける植物といえば。姫リンゴです。

じゃーん。

005
食べると酸味がきついそうです。観賞用ですね。

003
可愛らしい。と、感じる用ですね。僕は、クリスマスのときに、もみの木に飾る赤い玉を思い出しました。サンタクロースは今頃、準備に大忙しでしょうね。

お次は、極楽鳥花。
004
花が咲きました。きれいですね。花鳥風月を感じる秋。きっと、この猫も…。002

看板娘のグレです。色がグレーだからグレと名付けましたが、黒くなりました。見かけたら声を掛けてあげてください。少しシャイです。

それでは、ジャルーンにてお待ちしております。

秋に突入

こんばんは。この頃、めっきり涼しくなりました。体調壊さぬようお体には十分お気をつけ下さい。

さて、秋、突入といったところで、金木犀が花を付けました。オレンジ色の小さい花です。
005
甘い香りが溢れて包み込みます。

そして、今日は休みということで外出。稲取の細野高原へ。
004
この前、ジャルーンに咲いているススキを紹介しましたが、そのススキで溢れています。これでもか。これでもかと秋を主張していて、その生命力には目を見張るばかり。
003
この犬、愛犬ポチもまた感慨にふけっていることでしょう。うーん。ダンディでいてキュート。
001
高原からは島々も一望できました。島民の皆さんお元気ですか。ジャルーンにてお待ちしておりまーす!もちろん本土の方もお待ちしておりまーす!

秋がやってきました

窓を開けると涼しい風が入ってきます。夏が終わり、秋がやってきました。ここジャルーンにも秋の香りが感じられます。
004
ススキです。風に揺られれば、花穂をばたつかせてダンスします。
003
別の種類のススキです。葉っぱが長く伸びています。重力に負けずぐんぐん空に向かっていて力強く頼もしい限りです。

ここで話は変わって、ジャルーンを彩っている飾りを紹介します。
001
これは、トランク。カメラもあります。誰かの旅の途中。ずっとずっと旅をしているのでしょう。
002
ミルク缶の傘立てです。レトロな感じが出ています。

涼しくなって食欲の秋ですね。お待ちしています。

ジャルーンの夏

こんばんは。暑い日が続きますが、みなさん元気でやっていますでしょうか。草木、花々は暑くてもうなだれず、青々と、または、可憐に咲いているのだから、きっと、夏休みの子ども達のように毎日テンションMAXでしょう。

お客様から頂いた花々を紹介いたします。
003
まずは、コウモリラン。葉がコウモリの羽のような形をしていることから、そう呼ばれます。本当ですね。今にもバサバサと飛び立ってしまいそうです。この躍動感、素晴らしいですね。見るものを圧倒します。
002
続いて、ミラクルフルーツ。どんなミラクルが起こるかというと、味覚をミラクルに変えてくれます。このミラクルフルーツを食べた後に、思い切ってレモンをかじってみてください。すると、あの酸っぱい世界では王様に君臨しているレモンが、甘く感じるようになります。不思議ですね。

暑い夏、ジャルーンと一緒に乗り切ってみませんか?ぜひ、お越しください。お持ちしております。

シフォンケーキ

こんにちは。本日は、ジャルーンのスイーツのなかの一つ、シフォンケーキを紹介します。アメリカ発祥のこのお菓子。食感が絹織物のシフォンのように軽いことからそう名付けられたようです。なるほど。確かに軽く、口の中で溶けていきます。こういった料理を命名する人というのは天才的ですね。きつね、たぬき…。うどんの世界も素晴らしいと思っておりました。料理を引き立ててくれています。
001
写真が調理中のシフォンケーキ。
002
そして完成。これを切り分けます。
003
自家製ジャムとアイスクリームを添えて出来上がりです。おいしいですよ!

梅雨の花々

こんにちは。じめじめとした梅雨の季節ですが、じゃるーんには花が咲き誇ります。この季節の定番あじさいを筆頭に美しい花々をご覧あれ。
008
まずは、うずあじさい。淡い色が可憐です。
007
続いて、城ヶ崎。可愛いらしい花ですね。
006
アナベル。あじさいの仲間です。
005
ダルマウツギです。花の香りが昆虫を集めるそうです。魅惑の花です。
004
山あじさいです。一般的なあじさいに比べこじんまりとした印象。でもそれが美しいんですね。
003
墨田の花火。まるで花火ですね。ドーン!っとね。
002
富士の滝です。滝のように見事です。それにしてもネーミングセンス抜群ですね。
001
最後にハイビスカス。夏の到来を知らせます。

じゃるーんに立ち寄った際は、これらの花々を探してみてはいかがでしょうか。

ロマンチック

こんばんは。ジャルーンには花が溢れています。紹介します。
005
まずは、極楽鳥花。極楽鳥に似ていることからそう呼ばれます。お風呂につかったときに、多幸感に包まれふと「あー、極楽。極楽っとぉ。」とたまに言ったりしますが、あれは一種の神秘体験なのでしょうか。
004
次はどくだみです。薬草として知られています。この花は生命力と繁殖力がけっこう強いようです。さすが薬草といったところです。
003
ブルースター。不思議です。本当に星みたいですね。星に願いを、月に祈りを。
002
アイビーです。この花の花ことばは、「永遠の愛」です。美しいですね。今日はなんだかロマンチックです。
001
最後に、ジュンベリーです。前に田中邦衛さんを使って実がなると伝えましたが、ついに実がなりました。おいしいようです。

美しい花々に囲まれながら、素適な時間をお過ごしください。お待ちしております。

新緑

晩春。夏の入り口の今日この頃、じゃるーんは緑であふれています。
005
『夏の入り口、模様の出口』なんていう本があります。川上未映子さんのエッセイです。おすすめです。流れるような文体は読んでいて心地が良いです。
006
ジャルーンの看板を緑が包みます。
007
これはジャルーンの入り口。
009
さわやかな風を感じながら、緑を見ながら飲食なんていかがですか?ウエルカムです。
008